ヒプノセラピーとは?

fec5cd81435e2339cc427980f17a6759_s

 

ヒプノセラピーとはどういうのもなのでしょうか?

 

わたしたちの意識は、

普段意識しやすい「顕在意識(5~10%)」

意識しにくい「潜在意識(90~95%)」

構成されているといわれています。

 

現在を生きるわたしたちは

主に「顕在意識」をたくさん使う傾向があります。
論理的に考えたり理性や知性を働かせることで

円滑に社会生活を送っている方が多いのではないでしょうか。

もちろん私もその一人です。

 

いっぽうで

「潜在意識」には、

普段意識しにくい気持ちや感覚

記憶がしまわれているといわれています。

 

意図的にこの意識とつながって

わいてくるイメージなどを用い

心や身体を深く癒していく方法が

ヒプノセラピー(hypno therapy 催眠療法)です。

 

「意図的につながる」とはいっても

楽な姿勢でくつろいでいただきながら

セラピストがゆったりと誘導していきますので

難しいことはなにもありません。

 

このようにゆっくりと

「普段意識しないあなたの一部分」とつながりながら

つらい感情を受け止め癒したり

新しい気づきを得たり

あるいは

なりたいイメージを身に着けたりすることで

あなたがよりあなたらしく生きるための気づきをサポートします


ヒプノ(催眠)と聞くと、

「なんだかあやしそう…」

「こわそう…」

と思われる方も多いのですが
人は一日に数回はこの催眠状態に

「自然に」入っているといわれています。
夢中になって映画を観たりスポーツをしている時や

ぼんやりと電車に揺られている時に

時間があっという間に過ぎたような感覚がしたことはありませんか?
「ヒプノ」「催眠」という言葉になじみがなかったとしても

誰でも日常的に経験したことのある状態なのです。

心と身体がとてもリラックスして

記憶や気持ちや感覚が研ぎ澄まされた状態

と言い換えてもいいかもしれません。

 

そのような状態で静かに心の声に耳を傾けることで、

問題の根源(「問題」がどんな意図をもってそこに出現しているのか、ということなど)

にアクセスしたり

忘れ去られた気持ちを理解し解放すること(退行療法)が可能になります。

 

英国医師会や米国心理学会などでも有効性・安全性が認められていて、

最近では日本でも

一部の病院において治療の一環として導入されていたりもします。

 

また、

催眠状態に入ると

心理的・生理的にリラックスした状態になるので

日常のストレスから解放され

心理的・生理的に正常なバランスを取り戻す方向への調整ができる

(=自然治癒力が発動しやすくなる)ため

この状態に導かれるだけでも

心身によりよい変化がもたらされる可能性もあります。

 


セラピー中、

言いたくないことやしたくない行動を無理にすることはありませんし

あなたが望まない価値観を押し付けられたりすることもありませんので

ご安心ください。


はじめに丁寧にカウンセリングをしたうえで、

様々な方法

例えば

インナーチャイルド療法(年齢退行療法)

前世療法

悲嘆療法(グリーフセラピー)

パーツ療法

夢療法

フォーカシングやエンプティチェアなどのゲシュタルト療法等

の中から、最適な方法をご一緒に考えていきます。

 

→ヒプノセラピーの具体的な方法については

「ヒプノセラピーでできること をご覧ください。

 

 

セラピーは東京都八王子市 JR八王子駅徒歩3分の女性専用サロンにて行っています。