Aarteeniのブログ · インナーチャイルド · セラピー

「すずめの戸締り」に見る、インナーチャイルドセラピーのプロセス

先日「すずめの戸締り」を観に行き noteをアップしました。 ※ネタバレあります。 「すずめの戸締り」の終盤で すずめが扉をあけて 幼いすずめに会うシーン。 「自分で過去の自分を癒す」 「自分で自分を助けに行く」象徴的な… 「すずめの戸締り」に見る、インナーチャイルドセラピーのプロセス の続きを読む

Aarteeniのブログ · インナーチャイルド · 物語とこころ

「もしかしたら私はヤングケアラーだったかも?」って人にもおすすめな一冊

noteでこちらの記事を更新しました! ヤングケアラーとは 本来大人が担うような 家事や家族の世話を 障がいや病気のある家族に代わり 日常的に行っている子どものこと。 「それは私のことだな」と思う方も 「物理的な労働はさ… 「もしかしたら私はヤングケアラーだったかも?」って人にもおすすめな一冊 の続きを読む

Aarteeniのブログ · 自己肯定・自己受容

「HSPだから」で諦めない(高い共感性が生みがちな心の癖について)

ここ数年、 いろんなところでよく聴くようになったなあ、と感じる 「HSP(Highly Sensitive Person)」。 はじめて心理学者のアーロン博士によって提唱されたのが もう30年近く前 多くの人が、自分の特… 「HSPだから」で諦めない(高い共感性が生みがちな心の癖について) の続きを読む

Aarteeniのブログ · 自己肯定・自己受容

「嫌いなままでいいから愛する」をおすすめするワケ(自分を愛することと自己受容について)

「自分を好き」になれますか? 「自分を好きになろう」っていろんなところで聞くフレーズですが これをどんなふうに受け止めますかね。 わたし自身は、 「うーん、好きになれるに越したことはないけど、 すぐにはなれないこともある… 「嫌いなままでいいから愛する」をおすすめするワケ(自分を愛することと自己受容について) の続きを読む

Aarteeniのブログ · 自己肯定・自己受容

自己肯定感を上げるために、インナーチャイルドセラピーがおすすめな訳

『生きるのが面倒くさい人』岡田尊司著を読んで 自己肯定感を高めるためには 「応答性」が大事だなあ、と こちらのnoteを書きました。 子どものころ、 いろんな理由で 応答的な対応をしてもらえなかったなあ、と 感じている方… 自己肯定感を上げるために、インナーチャイルドセラピーがおすすめな訳 の続きを読む

Aarteeniのブログ · インナーチャイルド · セラピー

精神的自立ー「親との関係は良好なので、インナーチャイルドを癒す必要はないですよね?」という誤解(追記あり)

インナーチャイルド、と聴くと 「傷ついてかわいそうな自分の子どもの心」のことでしょ? とイメージされる方もいらっしゃいます。 もちろんそれも間違いではありません。 その部分が癒されることも とっても大事。 けれど、 「イ… 精神的自立ー「親との関係は良好なので、インナーチャイルドを癒す必要はないですよね?」という誤解(追記あり) の続きを読む

Aarteeniのブログ · 日々と心 · 自己肯定・自己受容

「これくらいならいける」からスタートしてみる

noteを始めてひと月経ちました。 ここにすでにブログがあるのに、 もうひとつ別のプラットホームを借りてみようと思った理由 それは 前回書いた通り 「既存の枠はずしチャレンジ」もありましたが  わたしが勝手に無意識に持っ… 「これくらいならいける」からスタートしてみる の続きを読む

Aarteeniのブログ · インナーチャイルド

今さら親のせいにしたくない人に(インナーチャイルドを癒す)

子ども時代は確かにしんどかったけど、 今さら親(家庭環境)のせいにしたくない。 そんな風に感じる方もいらしゃるかもしれません。 「親だって、 若かったし苦労してたし、 感謝してる部分もあるから」 「今は仲いいし もう年取… 今さら親のせいにしたくない人に(インナーチャイルドを癒す) の続きを読む

Aarteeniのブログ · 自己肯定・自己受容

自己実現のためのヒント~「こうなりたい」をめざすなら

「こういう自分でありたい」 そんな理想や自分像がある、 あるいは自己実現したい、という時。 それを目指すのは、とても素敵なことだし 成長欲求に素直な、自然なことだと思います。 けれどその目指すものが 「他人や世間の評価が… 自己実現のためのヒント~「こうなりたい」をめざすなら の続きを読む