Aarteeniのブログ · インナーチャイルド

インナーチャイルドセラピーは、何回受ければいいですか?

※2021年加筆修正しております。

「インナーチャイルドセラピーって、何回くらい受ければいいのでしょうか…」

たまにこんなご質問をいただくことがあります。

 

回数、気になりますよね。

私も自分自身がわりとすぐに効果を期待してしまうところがあるので

そう思うお気持ちもわかります。

 

とはいいつつも「〇回です」

とはっきり言いきれる分野のものでもなく

「あなたがどんな歴史を持ち、どこまでを望むのか」

によって変わります、と

いまのところわたしはお答えしています。

 

 

1回で「OK」と思う方もいれば

数回かけて本質的な望むところにたどり着き、

そこで「OK」と感じる方もいます。

 

 

それはなぜかというと

たとえば

「A子ちゃんと親友になりたいです、何回会えば親友といえますか?」

という状況と似ていると言えばいいでしょうか。

 

 

一度会ってすぐ心通い合うこともあれば、

2回目くらいからじわじわ本音が言えることもありますね。

 

また 

たまにおしゃべりする程度の「親友」でいいのか

共に人生をクリエイトするレベルの「親友」になりたいか 

によっても

関わり方は変わるかもしれません。

 

 

もし背景として、

それまでA子ちゃんを無視したりしてたら

「親友」までにどれくらい時間がかかるかは

「お互いの気持ちによる」

としか言えない場合もあります。

 

 

ンナーチャイルドは、

イメージとして

「あなたの心の中にいるちいさな子ども」

です。

 

 

つまり、

(主に)子どもの頃にしまい込んだ

記憶や気持ち・感覚。

 

気持ちや感覚・記憶はあなたの大切な一部なのですが

やむを得ない事情で蓋をしたり、

無視・批判し、

葬り去ったこともあるかもしれません。

 

 

でも、それらは勝手になきものにはなりません。

なぜなら、大切なあなたの一部だから。

 

 

どうにかあなた本体に気づいてほしいその一部は

様々なサインをあなたに送り 

それが気になってセラピーにお越しくださる

という方が多いのですが

 

 

まり

 

 

「インナーチャイルドというワードが気になる」方は

多少なりとも気持ち(=チャイルドの存在)を

無視していた時期がある場合が多く

 

そうするとチャイルド的には

 

「突然本音を話せ!とか無理」

「急にごめんねとか抱きしめてあげるとか言われても(困惑)」

 

となる場合があるのも、当然ですよね。

 

 

もちろんセラピーで関わらせていただくので

私も環境を整え

ベストをつくします。

 

ですが無理やり、強引に

チャイルドの気持ち(=あなたの心)を

変えることはできません。

 

チャイルド(=あなたの心)には、

それだけの歴史と、事情と、言い分などなどがあるのです。

 

 

加えていうならば

無視・批判・抑圧する「思考」のおかげ、

閉じ込められていた「感情や感覚」のおかげで

これまでこの環境で生命を維持していた側面も

あるのです。

 

 

今まで

チャイルドも、大人のあなたも、

あなたの幸せを維持しようと頑張ってきたのです。

 

 

それらの事情、歴史、思いを考えると

1回数時間のセラピーで

「今解決したい問題、ピンポイントですべて解決!」

とはならない場合もありうるでしょう。

 

 

問題の入口から解決されたり、

ヒントだけだったり、

向き合うためのエネルギーチャージだったり、

いろいろです。

 

 

でも、今までふたをしていた分

チャイルドを感じようとする第一歩は

とても大きい一歩だというのも

また事実だと私は思います。

 

 

その一歩をきっかけにして

存在を知り

気持ちを知り

ためていたものを解放し

「わたしは本当は、こんな存在だった」

と自己認識を改めたり 

「ほんとうは、こうしたかった、これからこうしたい!」

と望みを許可したり 

自分を幸せにしない思考を書き換えたり

 

どうしたらもっとよい、自然な、

わたしらしい幸せな生き方ができるか?

 

ということを考え、

自分の内側を丁寧に感じながら進むプロセスそのものが

自分(と周りの人)や人生を

大切にしていることだと私は思うからです。

 

 

そのプロセスをたどったという経験や

本音とつながった感覚があれば、

 

いずれセラピーを受けなくなってもまた

 

チャイルドといつでもつながり

自分の本当の気持ちや望みを

自分で理解することができ

自分で人生を創造できる。

 

とても大きく貴重な一歩です。

 

 

 

*********

 

これは私自身の話になりますが

私も過去、

自分を癒すためにたくさんセラピーを受けてきました。

 

一番はじめに出会った自分のインナーチャイルドは

とめどなく涙を流し、怒り

ブスーッとしてあまりしゃべりませんでした(笑)

 

大人の私は、

なぜこんなに涙が出るのかも分からず

この手ごわそうな子(わたしの心)をどうすればいいのやらと

途方にくれましたよ。

 

でもその涙は悲しくて怒っている涙でもあったけれど

「やっと存在をわかってくれた」

という安堵の涙でもあったのです。

 

小さい子どもが、

ずっと黙って我慢していたのに

お母さんの顔を見たとたん

泣きだしてしまう感覚に似ていました。

 

 

ウラをかえせば、

それだけ完全無視していたということ…

 

 

そこから、

もっと言い分を聴きたいと思いセラピーをなんどか受け

日常の中でチャイルドの声(=心の声)を常に意識し

要らない思考の癖やセルフイメージを手放し

自分らしい生き方を取り戻していきました。

 

それは、今でも実践中です。

 

 

*******

 

Aarteeniのインナーチャイルドセラピーは

催眠誘導をしてから行います。

 

潜在意識にアクセスするので

感覚や気持ちが普段よりも繊細にわかり

気づきも大きく

 

望むならば

 

感情の解放から

セルフイメージの書き換え、

不要な思考の書き換え、

本当に望むことを見つけて人生の創造のヒントにしたりなど

様々なことができ

大きな可能性のあるセラピーで、私はとても好きです。

 

 

一度でそこまで進みたいと思う方

少しずつ少しずつベールをはぐように気づいていきたい方

いろんなタイプ・いろいろな歴史の方がいます。

 

 

あなたはどんな歴史を持ち、

これからどうしたいか、

れが「何回受ければいいか」の答えの下地になります。

 

 

どんな心の歴史があったのか

これからどうしたいか…ということを知るのもまた

「自分を大切に生きる」ことかもしれません。

 

 

いちどでも、数回でも、

「これでいい」とあなたが納得できるまで

お力になれたら幸いです。

 

 

関連記事

インナーチャイルドセラピーとは

abuse「乱用」に気が付くこと

私のインナーチャイルドセラピー体験

ネガティブな感情を感じるのは嫌ですか~私のインナーチャイルドセラピー体験(2)

気持ちを感じなおすと自己受容ができる~私のインナーチャイルドセラピー体験(3)

インナーチャイルドセラピーのいろいろなプロセス(1)

村上春樹さんの『木野』と傷ついた感情が「ノック」したとき 

 

 

こちらもおすすめ: