Aarteeniのブログ · 物語とこころ

『夜廻り猫』こころに寄り添う猫のおはなし

『夜廻り猫』(深谷かほる作)が好きです。       生きているともう本当に自分ではどうしようもないような 努力では何ともならないようなことが起こることもあります。   そんな状況の人の心にもそっと寄り添って … 『夜廻り猫』こころに寄り添う猫のおはなし の続きを読む

Aarteeniのブログ · 日々と心

幸せにならない思いこみは、持ってなくてもいい

先日、知り合いの年配の女性に 「猫飼ってるんだって?何匹いるの?」 と聞かれたことがありました。 私の家には小次朗とみやびという2匹の猫がいるので そのまま 「2匹ですよー」 と答えたところ   「そんなことだ… 幸せにならない思いこみは、持ってなくてもいい の続きを読む

Aarteeniのブログ · インナーチャイルド

子ども時代のトラウマとうつ病(Yahoo!ニュースより)

「子ども時代のトラウマは閉経期発症のうつ病の原因」という記事が 今日のYahoo!ニュースに掲載されていました。   その記事によると 「ペンシルベニア大学の研究チームが先ごろ医学誌『Journal of Cl… 子ども時代のトラウマとうつ病(Yahoo!ニュースより) の続きを読む

Aarteeniのブログ · 物語とこころ

『モアナと伝説の海』にみる、お役目と心の声に従うこと

『モアナと伝説の海』みました。 youtubeで主題歌の動画をみていたら もうどうしても映画館に行きたくなって。   ディズニー映画はほとんどみたことないんですが 映像と音楽が 特に海の美しさと声優の方達の歌声… 『モアナと伝説の海』にみる、お役目と心の声に従うこと の続きを読む

Aarteeniのブログ · 日々と心

自分が何をしたいのかわからなくなった時に

「俺の腹は、今なに腹なんだ。」 『孤独のグルメ』のゴローさんがよくこんな言葉をつぶやいてます。 松重豊さんの出演する、深夜の夜食テロといわれるこのドラマ ただごはんをおいしそうに食べているだけ、 という平和な感じが好きで… 自分が何をしたいのかわからなくなった時に の続きを読む

Aarteeniのブログ · 物語とこころ

『夫のちんぽが入らない』~入らないから入れるところがある

『夫のちんぽが入らない』こだま著。 ネットニュース等でとても気になっていたところ 友人が「感想を言いあいたい」と貸してくれたので、喜んで読みました。     表現にユーモアがあって 主人公をとりまく状況は結構大… 『夫のちんぽが入らない』~入らないから入れるところがある の続きを読む

Aarteeniのブログ · 日々と心

「なにもできない自分=価値がない」と思う人へ

このタイトルを見て 「え、何言ってるの、何もできなくったって自分の命そのものが価値でしょ」 と思える人と、思えない人がいます。   かつて、私は後者でした。 先日うつ病について書いたので(『うつヌケ』に学ぶうつ… 「なにもできない自分=価値がない」と思う人へ の続きを読む

Aarteeniのブログ · 物語とこころ

『うつヌケ』に学ぶうつの抜け方

『うつヌケ』田中圭一著  大変面白かったです! 発売されたばかりのようなので、ネタバレしても申し訳ないので詳しくは控えますが 錚々たる17名の方々の「うつ病通り抜けエピソード」がどれも素晴らしく それを漫画でさらに読みや… 『うつヌケ』に学ぶうつの抜け方 の続きを読む

Aarteeniのブログ · 物語とこころ

『千と千尋』と「名前を奪われること」について

『千と千尋の神隠し』 地上波でまた放映されていたので飽きずに観ました。   若干頼りなさげなある少女が不思議な世界に迷い込んで成長していくお話ですが 台詞や暗喩が興味深く、その時々で感じ入る部分が異なり 私はジ… 『千と千尋』と「名前を奪われること」について の続きを読む

Aarteeniのブログ · 日々と心

「病はギフトだ」って、頑張って思わなくてもいい

プロフィールにも書いていますが、私はうつ病を患っていたことがあります。 元気になった今だから言えますが、当時はほんとーーうに辛かったです。   なにもしていないのに「辛い」という気持ちがわいて涙があふれ 起き上… 「病はギフトだ」って、頑張って思わなくてもいい の続きを読む