Aarteeniのブログ · 物語とこころ

『夜廻り猫』こころに寄り添う猫のおはなし

『夜廻り猫』(深谷かほる作)が好きです。       生きているともう本当に自分ではどうしようもないような 努力では何ともならないようなことが起こることもあります。   そんな状況の人の心にもそっと寄り添って … 『夜廻り猫』こころに寄り添う猫のおはなし の続きを読む

Aarteeniのブログ · 物語とこころ

『モアナと伝説の海』にみる、お役目と心の声に従うこと

『モアナと伝説の海』みました。 youtubeで主題歌の動画をみていたら もうどうしても映画館に行きたくなって。   ディズニー映画はほとんどみたことないんですが 映像と音楽が 特に海の美しさと声優の方達の歌声… 『モアナと伝説の海』にみる、お役目と心の声に従うこと の続きを読む

Aarteeniのブログ · 物語とこころ

『夫のちんぽが入らない』~入らないから入れるところがある

『夫のちんぽが入らない』こだま著。 ネットニュース等でとても気になっていたところ 友人が「感想を言いあいたい」と貸してくれたので、喜んで読みました。     表現にユーモアがあって 主人公をとりまく状況は結構大… 『夫のちんぽが入らない』~入らないから入れるところがある の続きを読む

Aarteeniのブログ · 物語とこころ

『千と千尋』と「名前を奪われること」について

『千と千尋の神隠し』 地上波でまた放映されていたので飽きずに観ました。   若干頼りなさげなある少女が不思議な世界に迷い込んで成長していくお話ですが 台詞や暗喩が興味深く、その時々で感じ入る部分が異なり 私はジ… 『千と千尋』と「名前を奪われること」について の続きを読む

Aarteeniのブログ · 物語とこころ

『コンビニ人間』。誰でも「○○人間」なのかもしれない。

村田沙耶香さんの『コンビニ人間』を読みました。   芥川賞作品というとなんとなく難解で硬質な感じなのかと思いきや まったくそんなことはなく、あっさり軽く愉快に読めました。   これを読んで感じたことは… 『コンビニ人間』。誰でも「○○人間」なのかもしれない。 の続きを読む

Aarteeniのブログ · 物語とこころ

『もののけ姫』と「曇りなきまなこで見定める」ということ

しつこいようですが、ジブリ映画が好きです。     先日、『もののけ姫』が放送されていたので、何度目かもう数えていませんがまた観ました。   そういえばこの映画のキャッチフレーズは、「生きろ」なんですね。 &n… 『もののけ姫』と「曇りなきまなこで見定める」ということ の続きを読む

Aarteeniのブログ · 物語とこころ

『重版出来!』中田伯くんの心の傷(2)

(つづきです) 自分はこういうことがあったな、 それは結構しんどいことだったな、 と認め あーこわかった、悲しかった、ゆるせない! などと自分のその時の気持ちをしっかりじっくり感じて受け止めると 封印していた自分の気持ち… 『重版出来!』中田伯くんの心の傷(2) の続きを読む

Aarteeniのブログ · インナーチャイルド · 物語とこころ

『重版出来!』中田伯くんの心の傷(1)

重版出来!の話から思ったこともうひとつ。 このドラマ(原作は漫画)には、 中田君という才能溢れる若手漫画家が出てくるんですが 彼は親から虐待を受けて育ち 育ての親である祖父を看取るという厳しい子ども時代を過ごしていました… 『重版出来!』中田伯くんの心の傷(1) の続きを読む