Aarteeniのブログ · 日々と心

「これがわたし」

「This is me」、心震える楽曲ですよね~。

『グレイテスト・ショーマン』の劇中

レティと仲間たちが

この曲を歌いダンスするシーンは圧巻で泣けました。

 

そのビハインドストーリーがこちら。

映画製作前の、

俳優さん達のワークショップの映像だそうです。

 

いくら実力があるプロでも、

初めてのことは怖いですよね。

震えながら、

それでも勇気を振り絞って進んで前に出て歌う

レティ役のキアラさん。

 

「勇気もある、傷もある、これが私」

 

…リアルに「This is me!」だよ!

 

とまた涙して、リピートして見てます・・・

 

 

傷があると、前に進むの怖くなる時ってありますよね。

 

とても怖かった

無力感でいっぱいだった

悲しくてしかたなかった

すごく恥ずかしい思いをした・・・

 

その衝撃が強烈であれば

「わたし=傷」

くらいに同化してしまうこともあるでしょう。

そして前に進むことができなくなることもあると思います。

 

「わたし」がひとつの球体であると仮定すると

「傷」の色で側面全体を覆いつくされているような感じ。

 

本当は、

自分がそう見て、

そうジャッジしているのであって

多面的な球体の一部であるだけなんですけど。

ちょうどこの画の多面体の

たくさんある△の一つだけのようなものです。

 

その傷はとても強烈で、

痛すぎて

大きく思えるかもしれません。

実際、大きいのかもしれません。

 

でも側面はその△だけじゃなくて

他の、素晴らしい△もいっぱいありますよね。

 

どちらも「わたし」という球体の側面です。

「わたし=傷」では本当はないわけです。

 

 

「わたし」の球体の側面中には

好みの△もあれば

あんまり好きじゃない△もあるかもしれない。

傷のように痛くて触りたくないものも。

 

でも、好きじゃないからと言って

「それ、わたしのじゃない」と見ないでいても

直面せざるを得ない事が起こるケースもあります。

(心理学でいう「投影」で、嫌な人があらわれるとか。

または傷を癒すために何らかの出来事が起こるなど…)

 

 

逆にそれが出てきたときは

傷の△も「自分の一部だと認めて」

ということなんでしょうね。

 

 

認めることで

抵抗のエネルギーが変わって小さくなるかもしれないし

見方が変わって違う形に感じるかもしれない。

違うことに意識が向かって

相対的に気にならなくなるかもしれない。

 

無理やりほじくり返さなくてもいいですが

出てきたら

「あるねー」

「それもわたしだねー」と

認めたり、引き受けるといいのかもしれません。

 

(私自身もつい最近みつけましたよ・・・

びっくりするくらい好みでない△!

インナーチャイルドといっていいかもしれません。

生きてる限り発見し続けるかもしれませんね。

やれやれですね。)

 

 

そして

傷や好みじゃない△だけじゃなく、

素晴らしい△も同様に。

 

好きなことや

積み重ねてきたことや

もっとこうしたいという欲求、

望みや展望、役割や得意分野

 

そもそもの、

本来の存在としての球体自体の内側の力も。

 

「あるねー」「わたしだねー」

と認め、

解放したり欲求を叶えることで

より自分らしいエネルギーが増す気がします。

 

 

好きじゃない面にも

傷の面にも

素晴らしい面にも

画像の球体全体に、分け隔てなく

光を当てていく、光を取り戻すイメージ。

 

 

曲中にあるような

「glorious」って

こういう感じなのかなーと私は思いました。

 

球体全体が輝く感じ。

 

それが、周りを照らすことにもつながるんでしょうね。

 

 

 

関連記事

インナーチャイルドセラピーとは

アクセスバーズとは

メニュー&料金

 

 

Aarteeniのブログ · 日々と心

幸せにならない思いこみは、持ってなくてもいい

先日、知り合いの年配の女性に 「猫飼ってるんだって?何匹いるの?」 と聞かれたことがありました。 私の家には小次朗とみやびという2匹の猫がいるので そのまま 「2匹ですよー」 と答えたところ   「そんなことだ… 幸せにならない思いこみは、持ってなくてもいい の続きを読む

Aarteeniのブログ · インナーチャイルド

子ども時代のトラウマとうつ病(Yahoo!ニュースより)

「子ども時代のトラウマは閉経期発症のうつ病の原因」という記事が 今日のYahoo!ニュースに掲載されていました。   その記事によると 「ペンシルベニア大学の研究チームが先ごろ医学誌『Journal of Cl… 子ども時代のトラウマとうつ病(Yahoo!ニュースより) の続きを読む

Aarteeniのブログ · 物語とこころ

『うつヌケ』に学ぶうつの抜け方

『うつヌケ』田中圭一著  大変面白かったです! 発売されたばかりのようなので、ネタバレしても申し訳ないので詳しくは控えますが 錚々たる17名の方々の「うつ病通り抜けエピソード」がどれも素晴らしく それを漫画でさらに読みや… 『うつヌケ』に学ぶうつの抜け方 の続きを読む

Aarteeniのブログ · インナーチャイルド

統合失調症の親への気持ち(2)

(続きです)   時はたち、父は私が大人になってから亡くなりました。 亡くなり方にも少し事情があったため、 亡くなったことについても、その気持ちを表に出すことはありませんでした。 また、ルーティンワークのように… 統合失調症の親への気持ち(2) の続きを読む

Aarteeniのブログ · 物語とこころ

『重版出来!』中田伯くんの心の傷(2)

(つづきです) 自分はこういうことがあったな、 それは結構しんどいことだったな、 と認め あーこわかった、悲しかった、ゆるせない! などと自分のその時の気持ちをしっかりじっくり感じて受け止めると 封印していた自分の気持ち… 『重版出来!』中田伯くんの心の傷(2) の続きを読む

Aarteeniのブログ · インナーチャイルド · 物語とこころ

『重版出来!』中田伯くんの心の傷(1)

重版出来!の話から思ったこともうひとつ。 このドラマ(原作は漫画)には、 中田君という才能溢れる若手漫画家が出てくるんですが 彼は親から虐待を受けて育ち 育ての親である祖父を看取るという厳しい子ども時代を過ごしていました… 『重版出来!』中田伯くんの心の傷(1) の続きを読む

Aarteeniのブログ · 物語とこころ

村上春樹さんの『木野』と、傷ついた感情が「ノック」したとき

村上春樹さんの『女のいない男たち』の中に『木野』という物語があります。 傷ついてしかるべき時に傷つかなかった主人公木野が そのために「何か」を欠いてしまい 邪なものにつけ入られ始めてようやく 自分の感情や感覚を取り戻し始… 村上春樹さんの『木野』と、傷ついた感情が「ノック」したとき の続きを読む