Aarteeniのブログ · おしらせ · インナーチャイルド

インナーチャイルドと向き合いたい方のためのメールダイアローグ

メールカウンセリングの中で

インナーチャイルド周辺のお話を伺うこともあるのですが

ありがたいことに

こんなシェアをしてくださる方が

(許可をいただき掲載してます。ありがとうございました!)。

 

「メール(カウンセリング)は初めてだったので

うまくまとめようと頑張って意識が外を向いていたようで

インチャ(インナーチャイルド)の声を書けたかどうか(略)」

 

うーん、そうですよね。

 

インナーチャイルドは、いわば本音の部分というか

広い意味でいうと潜在意識の中の記憶。

 

対面のセッションでそこに向き合う時は

潜在意識の下で見つめた上で

未来につなげていきますが

 

文章だと完全に覚醒して

頭使いながら書きますもんね…。

 

できれば対面でのセラピーのほうが

「ご自身の力で見つけ出し、癒す」という点で良いのですが

(そのほうが自信につながりますし

様々な理由でメールの方が良い方ももちろんいらっしゃるでしょう。

 

でも、

通常のフリースタイルのメールカウンセリングだと

2往復の範囲内では限界がある。

 

もう少し踏み込んだ工夫があったほうが、

よりいいのかなあ、と思いました。

 

そこで

インナーチャイルドに向き合いたい方のためのメールダイアローグ」(長!)として、

完全フリースタイルのメールカウンセリングとは

少しだけ違い、

 

わたしとご本人様、

そしてご本人様とインナーチャイルドの対話(ダイアローグ)も

文字のみという制限の中でも

もう少し深めやすいような、

新しいメニューを加えました。

通常のメールカウンセリングと

何が違うかというと

通常通り自由に書いていただくスタイルに

 

インナーチャイルドの言い分をより一層聴くためのいくつかの問いかけ

あなたに合った、インナーチャイルドと信頼関係を築くためのワークのご提案

補助的に、こちらで引いたカードのガイダンス(一枚)(ご希望があれば)

の、3つを加えました。

 

 

「こんなことを書いたらどう思われるんだろ…」

という心配は本当に無用です。

 

わたし自身、相当どろどろとした感情を

10年ほどにわたって

洗いざらい見つめ直してきています(もちろん今も継続中)。

 

それを見ないようにしてきたがために

うつ病で寝たきりになったくらいの、

結構なパワーと量のネガティブさを、です。

(身体は、溜めたエネルギーの表現をしてくれるケースもありますからね)

 

見つめ解放し、過去の解釈が変わった結果、

それがすばらしい「たからもの」であったことも

体感し、腑に落ちています。

 

それは足を運んでくださる方、

メールをくださる方の感情も

同じです。

 

感情に良い悪いも、ないんですよね。

あなたの大切な気持ち、何かを訴えるサインです。

 

 

そして、インナーチャイルドと向き合う目的も忘れないでくださいね

 

より楽に、自分らしく、自由に、豊かに

自分も周りも幸せになりたいから…

というような思いからではなかったですか。

 

タイミングも、受け入れる準備も、

背負っているものもみんな違うので

もちろん無理は禁物です。

 

でももし、

「気持ちに向き合うのはしんどいけど、やはりわたしはもっとこうしたい」と

改めて目的を思いだすことがあれば

可能な範囲で、

内面を見つめ書いていただく勇気を

出してみるのもいいかもしれません。

あくまでも、今 可能な範囲で、ですが。

 

「話す」ことは「放す」ことと同じ。

誰かに、文字であっても話すことで

溜めた思い、いらない思い込みや制限を

放せるかもしれません。

 

 

2往復 5,000円です。

 

 

 

〇現行のメールカウンセリングの途中の方も、

これまでの経緯をふまえた中で

必要な部分を追ってお送りいたします。

 

〇文字数は基本的におまかせしていますが、

あまりに少なすぎるよりは

状況等がわかる程度に詳しい方がお返事しやすいです。

わたしからの返信は、1通につき通常3,000~4,000字前後です。

いただいた内容・ボリュームにより若干変動いたします。

 

潜在意識にアプローチする対面のインナーチャイルドセラピーとは

効果・内容が全く異なりますので、ご了承ください。

 

 

 

お申込み・お問合せはこちら 

メニュー&料金はこちら