Aarteeniのブログ · 日々と心

「これがわたし」

「This is me」、心震える楽曲ですよね~。

『グレイテスト・ショーマン』の劇中

レティと仲間たちが

この曲を歌いダンスするシーンは圧巻で泣けました。

 

そのビハインドストーリーがこちら。

映画製作前の、

俳優さん達のワークショップの映像だそうです。

 

いくら実力があるプロでも、

初めてのことは怖いですよね。

震えながら、

それでも勇気を振り絞って進んで前に出て歌う

レティ役のキアラさん。

 

「勇気もある、傷もある、これが私」

 

…リアルに「This is me!」だよ!

 

とまた涙して、リピートして見てます・・・

 

 

傷があると、前に進むの怖くなる時ってありますよね。

 

とても怖かった

無力感でいっぱいだった

悲しくてしかたなかった

すごく恥ずかしい思いをした・・・

 

その衝撃が強烈であれば

「わたし=傷」

くらいに同化してしまうこともあるでしょう。

そして前に進むことができなくなることもあると思います。

 

「わたし」がひとつの球体であると仮定すると

「傷」の色で側面全体を覆いつくされているような感じ。

 

本当は、

自分がそう見て、

そうジャッジしているのであって

多面的な球体の一部であるだけなんですけど。

ちょうどこの画の多面体の

たくさんある△の一つだけのようなものです。

 

その傷はとても強烈で、

痛すぎて

大きく思えるかもしれません。

実際、大きいのかもしれません。

 

でも側面はその△だけじゃなくて

他の、素晴らしい△もいっぱいありますよね。

 

どちらも「わたし」という球体の側面です。

「わたし=傷」では本当はないわけです。

 

 

「わたし」の球体の側面中には

好みの△もあれば

あんまり好きじゃない△もあるかもしれない。

傷のように痛くて触りたくないものも。

 

でも、好きじゃないからと言って

「それ、わたしのじゃない」と見ないでいても

直面せざるを得ない事が起こるケースもあります。

(心理学でいう「投影」で、嫌な人があらわれるとか。

または傷を癒すために何らかの出来事が起こるなど…)

 

 

逆にそれが出てきたときは

傷の△も「自分の一部だと認めて」

ということなんでしょうね。

 

 

認めることで

抵抗のエネルギーが変わって小さくなるかもしれないし

見方が変わって違う形に感じるかもしれない。

違うことに意識が向かって

相対的に気にならなくなるかもしれない。

 

無理やりほじくり返さなくてもいいですが

出てきたら

「あるねー」

「それもわたしだねー」と

認めたり、引き受けるといいのかもしれません。

 

(私自身もつい最近みつけましたよ・・・

びっくりするくらい好みでない△!

インナーチャイルドといっていいかもしれません。

生きてる限り発見し続けるかもしれませんね。

やれやれですね。)

 

 

そして

傷や好みじゃない△だけじゃなく、

素晴らしい△も同様に。

 

好きなことや

積み重ねてきたことや

もっとこうしたいという欲求、

望みや展望、役割や得意分野

 

そもそもの、

本来の存在としての球体自体の内側の力も。

 

「あるねー」「わたしだねー」

と認め、

解放したり欲求を叶えることで

より自分らしいエネルギーが増す気がします。

 

 

好きじゃない面にも

傷の面にも

素晴らしい面にも

画像の球体全体に、分け隔てなく

光を当てていく、光を取り戻すイメージ。

 

 

曲中にあるような

「glorious」って

こういう感じなのかなーと私は思いました。

 

球体全体が輝く感じ。

 

それが、周りを照らすことにもつながるんでしょうね。

 

 

 

関連記事

インナーチャイルドセラピーとは

アクセスバーズとは

メニュー&料金