Aarteeniのブログ · セラピー

「私の使命ってなんだろう?」

「自分はなんのために生まれてきたのか?」

「私の使命ってなんなんだろう?」

と考えてしまう時もありますよね。

 

「人(自分)はなんのために生まれてくるのか」って問いは

そりゃあもう人類始まって以来

数えきれないほどの人々が考え考えて

いろんな答えやそのヒントの得方を導きだしています。

 

それくらい奥深く

人それぞれ違うもので

それぞれが尊く

それぞれにとって正しいものなんだと思います。

 

ひとりひとりが各々の人生の中で探し

実感として

「あーこれこれ、このために生まれたのかも」

と感じることに

意味があるものなのかもしれません。

 

それは本音に従って行く中で徐々に出てきたり

人生を振り返ったりする中で見える場合もありますが

 

 

いままさに人生の岐路に立たされていたり

なんか違う道にいるようでつらかったり

何をしたいのかわからなくなる時期にいたりすると

「自分の使命はなにか」

「何をしに生まれてきたのか」という

ある程度はっきりとした方向性や心の指針が

欲しくなるものだとも思います。

「使命」っていうと

なんだかすごい活躍をするようなイメージを持つ方もいらっしゃって

「自分にはそんな使命なんかない」

とおっしゃる方もいますが

使命はみんな持っていると私は思います。

ただそれが

「社会的にすごい」かどうかは別ですが。

 

職業や社会的な立ち位置に結び付くものもあれば

そうでないものもあります。

 

魂が「これに命使う」と決めたものは

いわゆる常識や社会的な評価とはまったく別物で

誰かと比べてすごいとか大きいとかいうスケールでははかれない

自分だけの尊いものです。

 

そこに関わっていると心の底から静かな喜びが湧いてくるような

深く充足、満足できるようなもの。

 

「これを楽しむ」とか

「こういうことを学ぶ」とか

「これを表現する」とか

自分の命や時間をどのあたりに使うと

自分が自分らしく生きてくるのか

魂がより喜べるのか

幸せを感じるのか

というところにヒントがあるもの。

 

また

「病気になって辛かったけど大切なことを学んだ」

「悲しい思いをしたけど愛情も分かった」

みたいな

喜びや「快」の感情だけではないものもセットで

「命使うこと」の場合もあります

(闇を知ってより大きな光を知るイメージですかね。チャレンジャーですね。)。

 

「この不毛に見える時期にいったい何の意味が?」

と迷う時期すらも

「魂が味わいたいと決めて来たこと」だったり

本当はするのかも……

意識では、望んでないですけどね!

 

だから

迷ってたって悩んでたって

魂視点から見たらもうなんだってOK!なんでしょうが

生身の人間のわたしたちは

まったく方向がわからなくなるより

「本当はあなたこっちの道じゃない?」という

気づきが欲しくなったりする時だってあります。

 

そんなとき

ヒプノセラピーを受けに来られた方の場合は

世でやり残したことを見たり

お母さんのお腹の中に入る前の記憶、

いわゆる「中間生」や

「胎内の記憶」にアクセスして

「自分は何をしに来たのか」を

確認することもできますよ

 

というお話をしたりします。

 

前世(過去生)を終えて肉体を離れ

魂となって「ある場所」について

そこから現在の自分の肉体に入るまでの間

「次の人生ではこれをしたい」

と決めてくる方も多いのですね。

 

なのでその時決めた「これ」はなんだったのか

記憶に深く潜ってみる、という

使命の見つけ方もあるわけです。

 

興味深いもので、

「ある場所」の風景や

「肉体に入る」時のイメージって

いくつかパターンはあるものの

みなさんなんだか似通っています。

 

自分の思いだした記憶が信じられず

「単なる自分の空想では?」という方もいますが

「個人的なただの空想」ではないんですよね。

 

自分が何をしにこの世に来たのかちょっと知ってみたい!

という方はぜひどうぞ。

 

セラピー後

インスピレーションを受けやすいカードをひいていただき

より自分らしく進むためのヒントをもらうのも

楽しくてお勧めです!

 

 

 

 

 

関連記事

ヒプノセラピーでできること

ヒプノ体験セッションのお知らせ

メニュー&料金

お申込み・お問合せ