Aarteeniのブログ · 日々と心

いやしとつながり

「いやし」ってどういうことなんでしょうね。

 

かわいいものやきれいな景色などを見て

「はー癒されるー♡」というようなことは

わりと誰でも口にしたことがありそうで(私も言います)

それも立派な「いやし」だと私は感じますけど

 

ただかわいかったり気持ちよかったりすること「だけ」が

癒しではないだろうなあとも思います。

 

「癒し」が起こる時って

「つながる必要のあるものがつながった時」だと思うのです。

 

たとえば、なんらかの事情で

 

自分の気持ちを遮断してしまっていた人が、気持ちを実感しなおした時 

 

自然の力や、身体本来の働きを感じ直した時 

 

過去(過去生を含む)を無きものにしていたけれど 自分の一部として取り戻した時

 

誰か大切な人(家族やペットや友人恋人など)との未消化だった交流をやり直した時

 

思いこみや自分に課した禁止令を外して本来の望みに気づいた時 などなど・・・

 

そんな時に癒しが起きているんじゃないかな~と思います。

 

 

何かを取り戻すときには

自分の思い込みや自分に禁止してきたこと

見たくないものや感じたくなかったことに

触れる かも しれないので

「生みの苦しみ」的なつらさが

生じることもある かも しれません。

 

たとえば

自分の中、奥深くに大事な「泉」があって 

そこにたどり着きたいけど

普段は雑草や樹々やその他いろいろなものでさえぎられていて

見えないので

雑草をかき分けかき分け 分け入って行って

ようやく「泉」に触れるようなもので

 

それまでの道のりで雑草(=不要な思考や思い込み等々)

をきれいにかき分けて入っていくのが

途方もなく遠くて、

しんどいものに感じられるかもしれないのと

同じように。

 

 

それでも、今なんらかの違和感をかんじているのであれば

それは「つながり不足ですよ~」というサインが

でているんじゃないかなとも思うんです。

 

 

「つながるの怖い」という気持ちもあるでしょう。

怖い気持ちも大事な気持ちなので、怖ければそのままでもいいと思います。

 

でも、つながった安堵感やほっとする感覚

「自分」がより深く、豊かに感じられる感覚も

またいいものです。

 

かわいいものやきれいなものを見て

「わあー癒される♡」となるのも

自分の魂的なものがそういうものを求めていて

(もしくはそれと同質なものを本来自分が持っていて)

それを見た時(欲求とつながった時)に純粋に喜びや深い満足感を感じるから

ではないでしょうかね。

 

 

怖いなあと思っていても、

心の深いところで欲しているものなら

つながったときの喜びや安堵感

自分の全体性を感じる経験

そしてその道のりは

それは大きく、かけがえないものだと思います。

 

 

 

関連記事

インナーチャイルドセラピーとは

ヒプノセラピーでできること

アクセスバーズとは

レイキヒーリングとは