Aarteeniのブログ · インナーチャイルド

インナーチャイルドセラピーは、何回受ければいいですか?

「インナーチャイルドセラピーって、何回くらい受ければいいのでしょうか…」

たまにこんなご質問をいただくことがあります。

 

回数、気になりますよね。

私も自分自身がわりとすぐに効果を期待してしまうところがあるので

そりゃ気になるだろうなあと思います。

受けてみてから

「実は全部で10回受けて初めて効果がありますよ!」

 

などと言われても正直困りますからね。お金もかかりますし。

 

とはいいつつも「○回です」

とはっきり言いきれる分野のものでもない、というのが

いまのところ正直な私の見解です。

(違うポリシーの人もいます。これはお好みによります) 

 

 

1回で効果があったと思う方もいれば

数回かけて本質的なところにたどり着く方もいます。

 

 

それはなぜかというと

たとえば

「大好きなA子ちゃんと仲良くなりたいです、何回会えば仲良くなれますか?」

という状況と似ていると言えばいいでしょうか。

 

 

いちど会ってすぐ打ち解ける場合もあれば、

2回目くらいからじわじわ仲良くなれる場合もあります。

もし背景として、

それまでA子ちゃんを無視したりしてたとしたら

信頼を得るまでにどれくらい時間がかかるか

「お互いの気持ちによる」としか言えない場合もあります。

 

ンナーチャイルドは、イメージ的に

「あなたの中にいるちいさな子ども」

です。

つまり、

主に子どもの頃にしまい込んだ記憶や気持ちなのですが、

いろいろな事情によってその気持ちを無視して

ふたをしてしまうことがあります。

 

ふたをした気持ちは、勝手になきものにはなりません。

それなりに共存したりすることはもちろん可能ですが

どうにか気づいてほしい大事なものの場合は

様々なサインをあなたに送ります。

 

そのサインを「どうも気になる」と感じた方が

こころの内側に目を向け始め、

セラピーを受ける

といったことが多いです。

 

まり

多少なりとも気持ち(=チャイルドの存在)を無視していた時期がある場合が多く

(全員ではありませんよ)

そうするとチャイルド的には

「今まで無視してきたのに、いきなり今日から仲良くなんて無理。」

となる場合があるのも、当然ですよね。

 

もちろんセラピーで関わらせていただくので

私も環境を整え

ベストをつくします。

 

ですが無理やり、強引にチャイルドの気持ちを変えることはしません。

先ほどのたとえで言えば

無視されていたA子ちゃんの気持ちを、また無視して

「今までのことは、もうよくない?すべて水に流して‘大好き‘って言って☆」

なんて言ったらたぶんドン引きされます。

 

そんなことはできません。

チャイルドとあなたの関係も同じです。

 

ですので、ふたをしていた期間が長かったり

中のものが大きかったりしたら

1回のセラピーで

「今解決したい問題が、ピンポイントですべて解決!」

とはならない場合もありうるでしょう。

問題の入口から解決されたり、ヒントだけだったり、いろいろです。

 

でも、今までふたをしていた分

チャイルドと出会う第一歩は

とても大きい一歩だというのも

また事実だと私は思います。

 

それをきっかけにして

存在を知り

気持ちを知り

ためていたものを解放し

どうしたらもっとよい、楽な、自然な生き方ができるか?

ということを考えるプロセスそのものが

癒しになると私は思うからです。

 

そのプロセスをたどったという自信があれば、

いずれセラピーを受けなくなってもまた

チャイルドといつでもつながり

自分の本当の気持ちを

自分で理解することができる。

とても大きい一歩です。

 

*********

 

これは私自身の話になりますが

私も過去、自分を癒すためにたくさんセラピーを受けてきました。

一番はじめに出会った自分のインナーチャイルドは

とめどなく涙を流し、怒り

ブスーッとしてあまりしゃべりませんでした(笑)

大人の私は、なぜこんなに涙が出るのかも分からず

この手ごわそうな子をどうすればいいのやらと途方にくれましたよ。

 

でもその涙は悲しくて怒っている涙でもあったけれど

「やっと存在をわかってくれた」

という安堵の涙でもあったのです。

小さい子どもが、黙って我慢していたのに

お母さんの顔を見たとたん泣きだしてしまう感覚に似ていました。

 

ウラをかえせば、それだけ完全無視していたということ…

 

そこから、

もっと言い分を聴きたいと思いセラピーをなんどか受け続け

日々の中でチャイルド(こころの声)を意識したり

少しずつ関係を深めていって

自分らしい生き方を取り戻していきました。

 

それは、今でも実践中です。

ああ、自分の声聴けなかったなあと振り返ることも多々ある

地道な日々です。

 

**************

 

インナーチャイルドセラピーは

思考ではわかりにくい潜在意識にアクセスするので

感覚や気持ちがわかりやすく

気づきも大きく

望むならば様々なことができ

大きな可能性のあるセラピーで、私はとても好きです。

 

どかんと変化したいと思う方

少しずつ少しずつベールをはぐように気づいていく方

いろんなタイプの方がいます。

 

どんなタイプの自分なのか

どれだけ無視して生きてきたのか…ということを知るのもまた

「自分を大切に生きる」ことかもしれません。

 

いちどでも、数回でも

「これでいい」とあなたが納得できるまで

お力になれたら幸いです。

 

 

関連記事

インナーチャイルドセラピーとは

abuse「乱用」に気が付くこと

『思い出のマーニー』とインナーチャイルド

『バケモノの子』と『ゲド戦記』と心の闇

村上春樹さんの『木野』と傷ついた感情が「ノック」したとき 

 


にほんブログ村