Aarteeniのブログ · 日々と心

「イライラがつらい」のは

同年代の友人と話していると

家庭や職場などでイライラしてしまう、といった話題が出る時がたまにあります。

 

子育て中の人は子どもに、職場で上司や部下に、家で配偶者に親に。

 

「もう腹が立って腹がたってー!(笑)」

と笑い話程度ならいいですが

「イライラしてしまって辛い…」となると

なんだかしんどそう。

私もそういう時あるので、いやーわかるわーと深く頷いてしまいます。

 

一方で

イライラする(腹が立つ、怒っている)から「つらい」というのは

単純な気持ちの構造ではなさそうだなあ、と思ったりもします。

 

 

なにかある→(それが自分にとって都合のわるいことと認識)→怒る、イライラする

 

 

というのが気持ちの単純な構造だとしたら

 

「イライラ」のあとに「辛い」がくるとなると、上記のあとにもうひと段階あるはずだと思うんです。

 

 

イライラ→「イライラは我慢して抑えないといけない」と思う→つらい

とか

イライラ→うまく表現できず関係が悪化する→「自分は嫌われものだ」と感じてしまう→つらい

とか、

イライラ→今目の前のことだけじゃなくて昔の怒りも思い出して増幅→どこから対処していいかわからない→つらい

などなど・・・

 

いろいろ人によってパターンはありそうですが、こういう感じ。

 

何か出来事があって、それを認識して「イライラ」し

そこからさらに「つらい」と感じるまでの間に

どんなことを考え感じているのかを思いめぐらせてみると

自分の考え方(ビリーフ、信条、思いこみなど)のくせや溜めてしまった気持ちが

見えることがあるかもしれないです。

 

f6132dd75ceda682c4164f5d0795af00_s

それはそのまま持っていてもいいし

変えたかったら変えてもいいと思います。

 

変える方法は結構たくさんありますし

気付くだけ、書き出して意識するだけでも変わることもあります。

 

でも

どうしてその思い込みや考え

(たとえば怒りを抑えないといけない、とか、自分は嫌われもの、などなど)を

持つことになったのか

を感じるのも、自分を楽にさせるためにはとてもいいと思います。

 

 

インナーチャイルドセラピーを行うと

このあたりのことに焦点があたっていく場合が多いのですが

その思い込みを持つにいたった経緯というのが

必ずあるのです。

 

たとえば幼い頃、

誰か(親や先生など)を相手に傷つき

「自分が悪いからこうなったんだ」

「怒ると悪いことが起こる(だから抑えよう)」と解釈し

それを世界の常識のような

絶対的信条のようなものに感じて大事に持ち続けてしまう。

 

そしてそれを大人になっても当然のように使用してしまうことで

大人の今

イライラ→(大事に持っている信条)→つらい

になっていることも可能性としては考えられます。

 

 

子ども時代の思い込みは、幼いながらに考え抜いた貴重な信条で

その時代にはとても有効でした。

でも、今はもう必要のない場合もあります。

 

未だにそんな子供の信条を信じているなんて・・・と

自分が嫌になるかもしれません。

 

でもその考え方や信条ができたのにも

なんらかの、けなげな理由があるんです。

そしてその強固な信条は

頭で「もうやめよう」といくら思っても手放せないことだってあるんです。

 

そう自分のことを理解して

「ああ、こういうことでは仕方なかった」と受け入れていくことで

自分の気持ちが楽になり

その信条を自分でゆるやかに手放していくこと

そんなことも、自分がそうしたいと思う今なら可能なのです。

 

そうして自分のことをわかっていく過程

自分やそれをとりまく全体を理解していく過程

それはとても豊かで深淵な癒しの過程だと思います。

 

 

 

 

関連記事

やる気がでないとき

インナーチャイルドとは

『思い出のマーニー』とインナーチャイルドセラピー

 

 


にほんブログ村