Aarteeniのブログ · 日々と心

身体の意見を尊重する

今はどうか知らないけど

ひと昔前は「花粉症は1度発症したらもう治らない」
と言われていましたね。

多分ある視点から見たらそれは正解なのだろうと思います。

でも、

別の視点から見たらそうではない場合もあって
昔鼻水ひどかったけど今は症状が出ないと言う人もいます。

人の身体は環境や思考や感情や生育歴や生まれ持っての体質諸々で変わってくるので
ひとつのマジョリティのものの見方を

すべて自分に当てはめなくてもよいと思うのです。

たとえば
トマトはリコピンという成分が含まれているので

美肌効果があると言われ

その通り一定数の人は美肌になるけれど

陰の野菜だから身体が冷えて肌荒れを起こす体質の人もいますし

うつ病は完治しません寛解はするけどね

という考えもあれば

生き方を変えるチャンスと捉えて人生見直せば治る

という考えもあります。

ガンになったらまず三大治療です

という考えもあれば

別の治療法がよいと思う、それで治った、

と言う人もいます。

メジャーな正論が当てはまる人もいれば
そうでない人もいるのは当然だと私は思います。

それはどちらが間違いということではなく
それぞれの見解は、それぞれの人にとって正解なのです。

A社のすごい成分の化粧水でお肌つるつるになる人と
A社のはちょっと肌に合わないという人がいる、

というのと
同じくらいなものではないでしょうか。

だから
色んな考えがあるけど
どれが自分にあっていて、どれを選んで生きたいのか
というだけのことだと思うのです。

そしてその選択はどうやるのかというと

自分に聴くしかないように思います。

化粧水やトマトが肌に合うか合わないかは試してみればいい。

これはいい商品のはず!
◯◯皮膚科医推奨だし!
とか顕在意識で思っていても

身体(潜在意識)は

違いまっせ。

と、ブツブツが出るなり赤くなったりなどで

サインを出していればそっちに従うほうが自分にとって心地よいでしょう。

それはその商品がダメなのでも
自分がおかしいのでもなくて
今の自分には合わないというだけ。

たったそれだけのことです。

試してみる、という気軽な選択ができない時は

なんかおかしい

なんかいい感じ

この考え方は好き、嫌い

なんとなく信用できそう

どうもいやな感じ

身体に合ってる気がする

負担かけるけど上手く行きそう

という感覚に頼って決めたっていいんじゃないかなと思うのです。

もちろん全部感覚で行くべし、という話ではなく

データを信じるのもいいし

評判も参考になりますし

論理的な説明を知らなければ判断できないこともあります。

でもそれだけで決定するのではなくて

これはなんか上手くいきそうだ
と信じられるものを選んで

なんかいい感じ

なんかよくなってる気がする

と感じながらそれを実行する方が

治癒力上がったりよい方へ向かうんじゃないでしょうかね。

だって自分の身体なのだし。

身体の感覚を抜きにして

身体に何か働きかけるより
その選考会議に参画させたほうが
身体も協力して治癒力上げてくれるように
私は思います。

(途中で違うと思えばやめるのもアリだと思うし)

でも、状況が切羽詰まれば詰まるほど
焦れば焦るほど、
だんだんとその感覚ってわからなくなっていってしまうものだとも、思います。

私もそういう心境になったことがあるから。

そういう時は
私は
その煮詰まる思考回路を一度休めて

好きなことしたり

寝たり

気持ちの良い所に行ったりして

本来の自分の身体はこういうのが気持ちいい

本来の自分の心はこういうのが好き

という感覚を感じ直します。

そうすると

なんかこっちかも

とわかってくることが多いです。

そしてそれがわかったら

その意見を受け止めつつ

他の意見も参考にしつつ

選択したいやり方、考え方を選べばいい。

そんなふうに私は思います。

なんて、こんなことを今は思うけど
私はずっとそうしてこられませんでした。

あたまばっかり使って、権威が黒だと言えば

そうか「本当の正解」は黒なんだ!

とか思ったりして

たくさん思い込みがあったし今もまだいっぱいあります、たぶん。

だから潜在意識にアクセスするヒプノに惹かれ
そうしてやっと自分の内側の声を聴くくせが

少しずつついてきたのです。

でも本当は

セラピーを使わなくても

日々私はどうしたいのかな?

何食べたいのかな?

何が好きなのかな?

今嫌なの?何が嫌なの?

と心に聴く習慣さえつけていけば

一般的にはこうだけどこうしたい

という選択だってできるし

本当はこう思ってたって気がつけるし

誰でも自分の心や身体と対話できるものだと思います。

だけど生きていくなかでそうもできないことも多くて
だんだん自分とつながれなくなる人も多い

それが悪い訳では決して決してなくて
そういう事情があったのです。

それでも自分の心や身体に耳を傾けてみたいという

そんなしなやかで強い気持ちをもつ方々にお会いできて

私の方こそありがとうございますと言いたい気持ちになっています。

関連記事

ヒプノセラピーでできること

ヒプノセラピーとは